不動産業界への就職だけではない、宅建資格の意外な活かし方に注目

前ページでも触れたとおり、宅建資格は不動産業界を始めとする様々な仕事に活かすことが出来ます。
「就職や転職に役立つ専門的な知識を得たい」「単なる事務ではなく、知識を活かした仕事がしたい」という方を中心に、宅建資格は男女を問わず高い人気を誇ります。

宅建の資格が採用選考時に評価される業種としては、不動産業以外には金融関係や保険関係、もしくは建設関係等を挙げることが出来ます。
建設関係については、不動産の直接業務に関わってくるため、宅建資格が有効であることは容易に推測できるでしょう。しかしながら、金融や保険については少々イメージしづらいかもしれませんね。
こうした業種では、主に相続に付随する業務に知識が活かされることになり、大きな会社となると不動産に関わる部門が設置されているところもあるようです。

この他、“不動産=資産”として認識するならば、ファイナンシャルプランナーとのダブルライセンスも理想的です。
このように、「宅建=不動産業」と単純に決めつけるのではなく、比較的幅広い視野で活躍の場を探されると良いと思います。

この他、宅建資格に限らずどんな国家資格にも言えることですが、資格予備校の講師という道も選択のひとつではないでしょうか。
「実務経験はなくとも、知識量には絶対の自信がある」「教えることが得意、好き」という方であれば、まず注目しておきたい仕事です。宅建の知識と共に、ご自身の受験経験や教えるスキルを活かすことが出来ます。

宅建の資格取得を目指す受験生の中には、特に仕事に活かそうというつもりのない方も多いかもしれません。ですが、せっかく様々活かせる道があるのに、仕事につなげていこうとしないのは非常にもったいないことだと思います。
ぜひ前向きに、ご自身の人生において宅建資格を役立てる方法を検討されてみて下さい。