宅建は持っていて絶対損のない資格です

皆さんは、どんな理由から「宅建の資格取得に挑戦しよう」と決意されたのでしょうか?
不動産業界への就職や転職を考えられているのでしょうか。もしくは、特にそういった予定がなくとも、「とりあえず何か資格を」ということで何となく思い立たれた方も多いかもしれませんね。
宅建資格は、比較的幅広い受験者層の方に挑戦される国家資格。その将来性について考えてみたいと思います。

しばしば「宅建って持っていると何か役に立つの?」と質問されることがあります。
この問いについて、宅建という資格の将来性を鑑みた上で結論を申し上げますと、「宅建は、公私に渡って、持っていて必ず役に立つ資格である」と断言できます。
冒頭でご紹介した通り、宅建の資格を活かす道としては不動産業界への就・転職が最もスタンダードですが、不動産業というのはどんな土地においても、そして将来にわたっても、必ず需要のある職種であると言えます。

法律では、宅建登録者を不動産取引の責任者として位置づけていますが、公正な取引を実現するためには、やはり今後も宅建資格を有し、正式に登録した“不動産業務の専門家”の存在は欠かすことは出来ません。

この資格の将来性は、この先も確実に見込めるのです。
また、宅建の知識は、不動産業に携わらずとも金融関係や建設関連の仕事に役立てることが出来ます。
もちろん、ご自身が不動産取引を行う際にも必ず活きることでしょう。
実務においては将来性があり、しかも実生活にもその知識が役に立つとあって、宅建資格は今後も注目され続けることは間違いありません。

宅建資格の将来性を示す証として、宅建は2015年4月に「宅建士」として士業化しました。
それまでの宅地建物取引主任者よりも、一段階ステータスが上がったこととなります。
今後ますますの難化が噂されていますから、資格取得は早いに越したことはありません。