資格の大原

宅建講座内容

2色刷りテキスト、DVD講義、WEB講義、問題集、直前対策テキスト、模擬試験、質問受付、自習室の開放など

受講料 95,000円から
合格率 公表していない

大原宅建講座の特徴

大原について今更語るまでもありませんが、歴史や実績は他社に勝るとも劣りません。
もちろん、この大原も通信講座に対応しています。
その特徴を上げると、大原の宅建講座は満点を目指さないカリキュラムを組んでいることです。
通常資格学校の場合、講義数を増やしある程度受講料を取らなければいけないので、満点を狙うカリキュラムを組んでいることがほとんどです。

しかし、大原の宅建講座に限れば、通信講座専門校同様、満点を狙わず、確実に合格できるように、最小限の知識を確実に覚えられるようになっているのです。
そのため、挫折することが少なくなり、合格する可能性が高くなります。
また、受講生のフォローも充実しています。
しかし、講義は教室講義をそのまま撮影したものになります。
>>通信講座の選び方

テキストについて

資格学校には珍しく大原のテキストは2色刷りになっています。
フルカラーほどではありませんが、白黒に比べ記憶効果や学習効果が高くなります。
また、2色刷りになっている事で、重要項目がわかりやすく、図表化もされているので、複雑な仕組みも分かりやすくなります。

講義について

大原の講義は残念ながら、教室講義をそのまま撮影したものなので、臨場感に欠け、生徒の雑音なども入る事があり、学習効果が高いとは言えません。
また、口コミに中には(このサイトではない)、講師がつけているマイクから鼻息が聞こえ勉強に集中できないと言う声もありました。
しかし、それでもカリキュラムやテキストの魅力はあるので、受講を検討する価値は十分にあると思います。

⇒大原の公式サイトはコチラ