宅建に暗記は必要か?

現在の宅建の試験は、事例問題が多くなり、思考力を問われるようになってきました。

しかし、それでもある程度の暗記は必要です。
暗記が苦手という人も多いのですが、やはり宅建に限らず勉強するからには暗記から逃げる事は出来ません。
そこで、ここでは効率的に暗記できる勉強を紹介したいと思います。
多くの方は暗記と言うと、いきなり専門用語やその意味を丸暗記しようとします。
しかし、それでは上手く覚えられませんし、今は覚えられたとしてもすぐに忘れてしまいます。

暗記で重要なのは意味や流れを理解していることが前提で、いきなりやっても苦痛になるだけです。
例えば、宅建業法の勉強をしたとしたら、まずその目的や意義を理解します。
そして、それに関する問題を解き、その問題の用語や意味が分からず解けなかったら、そこではじめて暗記をします。

つまり、暗記は必要に応じてするもので、暗記ありきで勉強してはいけないということです。
しかし、多くの方は目的もないまま、とりあえず暗記しようとするから苦痛になるのです。

全体の流れや考え方を理解してから暗記をすれば驚くほど覚えやすく、しかも問題を解いて間違える事で、より記憶に残りやすくなります。
暗記と言うのは、あくまでも学習のサブ的な役割で、まずは意味や流れを理解することが重要なのです。

もしそれでも暗記が苦手だと言う人がいれば、オススメなのが常に音や視覚で、その用語や意味を見たり、聴いたりすることです。
そのために一番有効なのが講義です。
講義を常に聴いたり、見たりしていれば、無理に覚えようとしなくても自然と頭に入ってきて嫌で覚えられます。

例えば、通勤時間に音声講義を聴くのも良いかも知れません。
しかし、無理に覚えようとすれば脳がそれを拒否して苦痛になります。
いってしまえば、暗記のコツは覚えようとしないことなのです。

そういった意味でも、講義が聴ける通信講座は便利です。